コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層別刈取法 そうべつかりとりほうstratifying clip method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

層別刈取法
そうべつかりとりほう
stratifying clip method

草原で地表からの高さに応じて植物を刈取って,と葉の垂直分布を調べる生態学の研究方法。まずほぼ一様な植生をもつ一定面積を定め (たとえば 50cm× 50cm) ,その上方から,たとえば5~20cmごとに刈取って調べる。結果は,各高さごとの同化組織 (葉) と非同化組織 (茎) の量として整理する。また刈取る前に各深さの照度を調べておくほか,各層の茎の本数も数える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

層別刈取法の関連キーワード草原

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android