コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

履践 リセン

デジタル大辞泉の解説

り‐せん【履践】

[名](スル)実行すること。実践すること。
「桃青は―し馬琴は観念せり」〈透谷・処女の純潔を論ず〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りせん【履践】

( 名 ) スル
実際に行うこと。実践。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

履践の関連キーワード俚・利・吏・履・理・痢・罹・裏・詈・里・離大日本帝国憲法林羅山桃青実際実践

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

履践の関連情報