コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世尊 せそんbhagavat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世尊
せそん
bhagavat

ゴータマ・ブッダの尊称。世尊に相当する原語は,lokanāthaあるいは lokajyeṣṭhaなどであるが,経典には bhagavatという言葉が用いられる場合が多い。如来の十号の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せそん【世尊】

Bhagavat 世間に尊重される者の意〕
仏、特に釈迦の尊称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の世尊の言及

【仏】より

…この仏が如(によ)(真理)から来たという意味で如来とよばれ,供養されるべき尊い者の意味では応供(おうぐ)ともよばれる。このほかに正遍知(しようへんち),明行足(みようぎようそく),善逝(ぜんぜい),世間解(せけんげ),無上士(むじようし),調御丈夫(ちようごじようぶ),天人師(てんにんし),世尊(せそん)ともよばれ,仏の十号といわれる。これが仏というものの属性をあらわしている。…

※「世尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世尊の関連キーワード比曽寺・比曾寺・比蘇寺青蓮院宮尊円法親王建礼門院右京大夫ゴータマ・ブッダ新潟県佐渡市竹田薄伽梵・婆伽梵清水谷実秋バガバット世尊寺定成世尊寺行房世尊寺経朝世尊寺行季世尊寺行康持明院基春世尊寺行能世尊寺伊俊福岡敬堂大覚世尊藤原定信藤原行成

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世尊の関連情報