世尊(読み)せそん(英語表記)bhagavat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世尊
せそん
bhagavat

ゴータマ・ブッダの尊称。世尊に相当する原語は,lokanāthaあるいは lokajyeṣṭhaなどであるが,経典には bhagavatという言葉が用いられる場合が多い。如来の十号の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せそん【世尊】

Bhagavat 世間に尊重される者の意〕
仏、特に釈迦の尊称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せ‐そん【世尊】

〘名〙 (bhagavat の訳。「世の中で最も尊い人」または「世に尊ばれる人」の意) 仏語。仏を敬っていう語。
※菅家後集(903頃)種菊「未曾種処思元亮、為是花時供世尊
※正法眼蔵(1231‐53)優曇華「おほよそ拈華は、世尊成道より已前にあり」 〔大智度論‐二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の世尊の言及

【仏】より

…この仏が如(によ)(真理)から来たという意味で如来とよばれ,供養されるべき尊い者の意味では応供(おうぐ)ともよばれる。このほかに正遍知(しようへんち),明行足(みようぎようそく),善逝(ぜんぜい),世間解(せけんげ),無上士(むじようし),調御丈夫(ちようごじようぶ),天人師(てんにんし),世尊(せそん)ともよばれ,仏の十号といわれる。これが仏というものの属性をあらわしている。…

※「世尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

世尊の関連情報