コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下守胤 やました もりたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下守胤 やました-もりたね

1786-1869 江戸時代後期の画家。
天明6年生まれ。森探玉斎に師事し,江戸で狩野(かのう)派の画法をまなぶ。帰郷して越中富山藩絵師となり,藩主前田利保著「本草通串(つうかん)証図」の挿画をかいた。明治2年1月28日死去。84歳。作品に「越中八景図」。著作に「歳時図絵」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山下守胤の関連キーワード松浦応真斎