コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下重民 やました しげたみ

1件 の用語解説(山下重民の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下重民 やました-しげたみ

1857-1942 明治-大正時代の編集者。
安政4年生まれ。幕臣山下重禄の長男。太政官(だじょうかん)につとめ,明治12年大蔵省記録局にはいる。22年創刊の日本初のグラフ誌風俗画報」に寄稿,27年役所勤めのかたわら編集長となる。画家山本松谷(しょうこく)とのコンビで当時の事件や風俗を活写した。昭和17年7月18日死去。86歳。幼名は金次郎。号は鶯陵迂人。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山下重民の関連キーワードアフリカ文学軍艦小事典接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門歌沢笹丸うた沢哥沢芝金片岡仁左衛門長崎(市)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone