コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中義貞 やまなか よしさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中義貞 やまなか-よしさだ

1897-1986 大正-昭和時代の実業家。
明治30年3月5日生まれ。愛媛県宇摩郡土居村の素封家で,山中商店を経営。銅山川分水工事をすすめ,また住友四阪島精錬所の煙害問題では住民側の代表のひとりとして賠償交渉にあたる。愛媛県会議員をへて昭和17年衆議院議員(日本進歩党)。戦後は愛媛新聞社長,南海放送社長などをつとめた。昭和61年2月2日死去。88歳。慶大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山中義貞の関連キーワード昭和時代実業家

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android