山内 逸郎(読み)ヤマノウチ イツロウ

20世紀日本人名事典の解説

山内 逸郎
ヤマノウチ イツロウ

昭和・平成期の医師 国立岡山病院名誉院長。



生年
大正12(1923)年5月6日

没年
平成5(1993)年6月8日

出生地
岡山県岡山市

学歴〔年〕
岡山医科大学〔昭和22年〕卒

学位〔年〕
医学博士(岡山大学)〔昭和30年〕

主な受賞名〔年〕
岡山県文化賞(昭63年度)〔平成1年〕,国際エレクトリック・シネマ・フェスティバル奨励賞(ビデオアート部門)〔平成3年〕

経歴
昭和27年国立岡山病院小児科医長。30〜32年米国ニューヨーク州立大生理学教室留学。50年全国に先駆けて小児医療センターを設立、新生児救急医療体制を整備。小児医療センター長、副院長を経て、57年より院長。54年未熟児網膜症の診療を容易にした「経皮黄疸計」を開発。また母乳運動をすすめ、61年には全国初の乳房センターを開設した。51年の鹿児島の5つ子誕生の際には現地で医師団を指導した。平成元年退官。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android