未熟児網膜症(読み)みじゅくじもうまくしょう(英語表記)retinopathy of prematurity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

未熟児網膜症
みじゅくじもうまくしょう
retinopathy of prematurity

水晶体後線維増殖症。網膜血管の異常な新生を引起す非炎症性の原発性網膜疾患。在胎発症 32週未満,出生児の体重が 1500g未満の極小未熟児に多い。未熟児に対する高濃度の酸素投与が原因であることが解明され,酸素補給に注意が払われるようになってから,発生率が劇的に低下した。約1%は失明するが,軽症のものは自然に,または治療によって回復する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みじゅくじ‐もうまくしょう〔‐マウマクシヤウ〕【未熟児網膜症】

低出生体重児網膜にもろくて弱い新生血管が生じることによって起こる疾患。自然治癒することが多いが、網膜に瘢痕(はんこん)ができ、重症になると網膜剝離を起こす場合がある。妊娠32週未満で出生した極低出生体重児に多く発症する。未熟網膜症ROP(Retinopathy of prematurity)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

未熟児網膜症【みじゅくじもうまくしょう】

未熟児にみられる後天性の網膜血管病変。保育器内の酸素濃度が高すぎると,酸素のため目の血管が収縮し,眼底に出血が起こったり,網膜が剥離(はくり)したり,水晶体の後部に繊維が増殖し,強度の近視になったり失明したりする。保育器内の酸素濃度を調節することで,ある程度の予防はできる。また,極小未熟児(出生児の体重1500g未満)では人工的に酸素を与えなくても,血液中の酸素そのものが不足するために未熟児網膜症を起こす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みじゅくじもうまくしょう【未熟児網膜症 retinopathy of prematurity】

略してROPともいう。未熟児にみられる後天性の網膜血管病変。すでに1942年アメリカでその症例が報告されていたが,それが未熟児に関する後天性の病変だと気づかれるまでに数年を要した。さらに保育器内での酸素使用との関連が明らかにされ,未熟児への酸素使用の制限が行われるようになったのは54年以降である。日本では,このころは未熟児保育はまだ一般的ではなかったため,網膜症は注目されていなかったが,60年代半ばになって未熟児保育が普及するとともに網膜症への関心が高まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みじゅくじもうまくしょう【未熟児網膜症】

未熟な網膜血管が動脈血酸素濃度の上昇に対して異常な反応を起こし、弱視や失明などの視力障害を残す疾患。保育器内で酸素治療を受けた未熟児に発生率が高い。未熟網膜症。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

未熟児網膜症
みじゅくじもうまくしょう

おもに生まれたときの体重が2000グラム未満で、胎生週数が34週(8か月)未満の新生児にみられる目の異常であり、網膜の血管の未熟性に起因すると考えられている。1942年アメリカのテリーT. L. Terryが、この疾患の瘢痕(はんこん)期病変をみつけて、後水晶体(水晶体後面)線維増殖症と名づけたが、その後これは未熟児に多く、いろいろな段階を経過することがわかり、1950年アメリカのヒースP. Heathが未熟児網膜症と名づけ、この用語が広く用いられている。ROP(retinopathy of prematurity)と略称される。保育器内で酸素を大量に用いた未熟児に重症者が多いということで、酸素の使用を制限するようになって患者数は激減したが、完全になくなるまでには至らなかった。逆に酸素量を制限しすぎることにより、脳性小児麻痺(まひ)や肺機能障害で死亡する患者が現れたため、酸素の適正な使用法が苦慮されているが、未熟児網膜症による失明や弱視を完全に防ぐことはむずかしい。
 完成していない網膜の血管が酸素に対して弱いことは確かで、すぐに閉塞(へいそく)して浮腫(ふしゅ)や出血をおこし、新生血管が出現する。その修復過程に瘢痕組織ができ、それが瘢痕収縮をおこして網膜が剥離(はくり)するわけである。日本ではこの経過を活動期と瘢痕期に分け、活動期は進行に応じて型と型に、瘢痕期は程度により一度から四度まで分類されている。すなわち、活動期は、ゆっくり進行する型と、程度の進行が不規則で急激に進行して失明しやすい型に分けられ、型はさらに1期から4期に細分されている。その3期の初期までは瘢痕を残さず自然治癒する可能性があるが、3期の中期以上に進行すると、自然治癒しても瘢痕が残り、視力の発達を妨げる可能性が強くなる。型の場合は、強い瘢痕を残して自然治癒するため、その前に進行を食い止めなければならない。治療法としては、レーザー光線や液体窒素などを用いて網膜のタンパク質を凝固させる光凝固または冷凍凝固や硝子体(しょうしたい)手術による治療が行われている。なお、瘢痕の状態や、それぞれの状況に応じた支援が望まれる。[大島 崇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みじゅくじ‐もうまくしょう ‥マウマクシャウ【未熟児網膜症】

〘名〙 生後三~五週間の乳児の網膜に変化が起こり、進行すると水晶体後面に膜ができる症状。保育器での酸素療法をうけた未熟児におこりやすく、視力障害をおこす場合もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

六訂版 家庭医学大全科の解説

未熟児網膜症
みじゅくじもうまくしょう
Retinopathy of prematurity
(子どもの病気)

どんな病気か

 未熟児網膜症(ROP)は発達中の未熟な網膜血管に起こる血管増殖性病変で、重症例では網膜剥離(もうまくはくり)となり重度の視力障害を生じます。

原因は何か

 網膜血管および網膜組織の代謝系が未熟であることを基盤とし、不適切な酸素投与、過剰な水分、感染、脳室内出血、栄養障害などのさまざまな因子が関係しているといわれています。

症状の現れ方

 未熟な状態で出生した子どもの網膜周辺部は血管の発育が悪く、出生したあとに血管が伸びていきます。厚生省研究班による新臨床経過分類(表2)によると、最も多いⅠ型のROPの進行は反応性の血管造成(1期)後、それらと無血管域の間に境界線が形成され(2期)、さらに高度になると硝子体(しょうしたい)内部への血管造成や出血が起こります(3期)。

 この時点で自然によくなっていく場合が多いのですが、重症例では部分的網膜剥離(4期)、全剥離(5期)となります。また、急速に進行し網膜剥離となる症例(Ⅱ型)もあります。

 なお、新臨床経過分類と国際分類はstageの分類の仕方が異なっているため、注意が必要です。

検査と診断

 診断は前述の新臨床経過分類に従い、眼科医により行われます。出生体重1800g以下、在胎週数34週以下の症例では、生後3週以降から定期的に眼底検査を行う必要があります。ROPが発症した場合には診察の間隔を短くし、注意深い観察が必要です。また、高濃度酸素療法や人工換気療法を行った子どもでは、退院前に眼の診察を受けることがすすめられます。

治療の方法

 Ⅰ型は自然に治る傾向が強いものの、3期の中期でさらに進行が予想される場合には治療が必要となります。Ⅱ型ではただちに治療を開始します。

 治療はアルゴンレーザーによる光凝固(ひかりぎょうこじゅつ)が主体ですが、病態によっては冷凍凝固術も行われ、一部の重症例では強膜バックリング術、あるいは硝子体手術も行われます。また、適切な呼吸管理(適切な酸素投与、低二酸化炭素血症の予防)や、水分制限、貧血の予防などの全身管理も重要です。

 ROPの発症率は報告によって差がありますが、超低出生体重児(出生体重1000g未満)では発症率80%前後、治療率40%前後といわれています。在胎週数が早いほど、出生体重が軽いほど、ROPを合併する可能性が高くなります。

病気に気づいたらどうする

 眼科医、新生児科医による診療と全身管理が必要です。

和田 雅樹


未熟児網膜症
みじゅくじもうまくしょう
Retinopathy of prematurity
(眼の病気)

どんな病気か

 未熟児に起こる網膜血管病変です。重症例では、網膜剥離(もうまくはくり)を起こして失明に至ることもあります。未熟児の医学的管理が向上したため、一時期に比べれば減少しているようです。

原因は何か

 根本的な原因は、網膜血管の未発達性にあります。網膜の血管は、胎内での発達期に視神経から眼底周辺部へと延びていき、正常な満期産の出生時にはほぼ眼底周辺部に達します。

 しかし、未熟児で生まれると、網膜血管の発達は道半ばで周辺までは達していません。それにさまざまな条件が加わることにより、網膜血管が正常な発達を逸脱して網膜症が発症します。

 在胎週数、出生体重が少ないほど起こりやすいのは当然ですが、呼吸窮迫(こきゅうきゅうはく)症候群、酸素投与、交換輸血(こうかんゆけつ)なども重症化の要因になります。

症状の現れ方

 網膜血管が達していない部分を無血管帯といいますが、無血管帯との境目に血管の異常な増殖が起こります。多くの場合、それは自然に解消して再び血管は周辺部へと延びていきます。しかし、時には線維血管増殖(せんいけっかんぞうしょく)へと発展し、やがてそれが収縮すると網膜(とくに黄斑部(おうはんぶ))が引っ張られたり、網膜剥離になったりして重症化します。

 未熟児網膜症は活動期と瘢痕期(はんこんき)に分けられます。線維血管増殖が起こるまでが活動期、それが収縮したあとが瘢痕期ですが、それぞれ程度に応じて分類されています。

検査と診断

 未熟児で生まれると、普通は眼底検査を定期的に行います。期間は在胎週数に換算して29週ないし生後3週ころから、もう危険がないと判断されるまでです。

 初期には、血管の延び具合(無血管帯の広さ)、怒張(どちょう)(ふくれる)の程度などで、危険の度合いが判断できます。活動期には頻繁に眼底検査を行い、治療の要否、治療のタイミングを計ります。

治療の方法

 活動期には網膜光凝固術(もうまくひかりぎょうこじゅつ)(コラム)、冷凍凝固術(れいとうぎょうこじゅつ)が行われます。凝固は無血管帯が標的になります。瘢痕期の網膜剥離に対しては硝子体手術(しょうしたいしゅじゅつ)が行われますが、治療成績は良好とはいえず、視機能の大きな回復は望めません。

 根本的には保育条件を向上させ、網膜症の発症を極力抑えることが理想です。今のところ困難ですが、胎内の環境を忠実に再現できれば未熟児網膜症は起こらないわけです。

病気に気づいたらどうする

 本人はもちろん、周囲の人が気づく病気ではありません。医療側が監視、管理、治療すべき病気です。

河野 眞一郎

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

未熟児網膜症の関連情報