コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内首藤氏 やまのうちすどううじ

1件 の用語解説(山内首藤氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やまのうちすどううじ【山内首藤氏】

相模出身の中世武家。その祖は藤原秀郷とも藤原師尹ともいう。主馬首となった資清は首藤氏を称し,その子資通は前九年・後三年の役源義家に従い,資通の孫俊通は相模国山内荘を本拠として山内首藤氏を称し,源義朝に従って保元・平治の乱を戦った。山内首藤氏は主家の乳人を務める源氏譜代の郎党であったが,1180年(治承4)源頼朝の挙兵に俊通の子経俊は応ぜず,山内荘は頼朝に没収された。その後,経俊は頼朝に従い伊勢,伊賀の守護となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の山内首藤氏の言及

【早河荘】より

…在地領主は源頼朝挙兵時より小早川遠平(土肥実平の子)であったと思われ,1202年(建仁2)には下地を中分して,その預所職が停止され箱根権現に寄進された。荘内には風祭郷,田子郷,一得名,長尾名,久富名などがあり,現在の小田原市内に地名としてのこっているが,とくに田子の一得名は山内首藤(やまのうちすどう)氏が鎌倉期を通じて屋敷・直営地を構えていたことで知られる。【福田 以久生】。…

※「山内首藤氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山内首藤氏の関連キーワード藤原秀芳鬼貫俵藤太唐沢山神社島広山武家役唐沢山藤原為憲藤原秀子山内首藤俊通

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone