コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原師尹 ふじわらのもろただ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原師尹
ふじわらのもろただ

[生]延喜20(920)
[没]安和2(969).10.15.
平安時代中期の廷臣。忠平の子。天慶5 (942) 年従四位下,同7年蔵人頭,同8年参議,同9年従四位上,天暦2 (948) 年従三位,権中納言,同5年中納言,同7年左衛門督,検非違使別当,同 10年正三位,天徳1 (957) 年右近衛大将,同4年権大納言,康保3 (966) 年従二位,同4年正二位,右大臣,蔵人所別当。安和2 (969) 年の安和の変後,源高明に代って左大臣,左大将。正一位追贈

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原師尹 ふじわらの-もろただ

920-969 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
延喜(えんぎ)20年生まれ。藤原忠平の5男。母は源能有(よしあり)の娘。天慶(てんぎょう)8年(945)参議。正二位,右大臣にすすみ,安和(あんな)2年源高明(たかあきら)の左遷(安和の変)で後任の左大臣となる。同年10月15日死去。50歳。贈正一位。在職7ヵ月での死は,陰謀のむくいとうわさされた。号は小一条。名は「もろまさ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原師尹

没年:安和2.10.15(969.11.27)
生年:延喜20(920)
平安中期の公卿。忠平と源能有の娘昭子の子。「もろまさ」とも。家格から,大納言に至るまで順調に昇進し,康保3(966)年12月右大臣となる。その後安和の変(969)で左遷された左大臣源高明の後任とされたが,7カ月後に没した。世間ではこの事件との関係が取り沙汰され,『大鏡』が安和の変の首謀者とみなし,高明を陥れた報いで亡くなったとするほか,事件のあと「幾程モナク声ノ失ル病」にかかった(『源平盛衰記』)とも,「疱瘡」で亡くなった(『愚管抄』)ともいわれるが,真相は不明。『今昔物語集』に「極メテ腹悪キ人」として登場するのも同類。箏の名手や歌人として知られ,『後撰和歌集』『元輔集』などに収められた歌は数多い。邸宅小一条院にちなみ小一条左大臣と称され,日記『小左記』(『小一条記』『小一条左大臣記』とも)が逸文の形で伝えられる。なお娘芳子は村上天皇に入内し宣耀殿女御と呼ばれた。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の藤原師尹の言及

【安和の変】より

…969年(安和2)3月,源満仲らの密告により,橘繁延,僧蓮茂らが謀反の疑いで逮捕・尋問されたが,罪は醍醐天皇の子で,儀式に精通し,朝廷に重きをなしていた左大臣源高明に及び,彼は大宰員外帥に左遷,繁延らは流罪,与党の源連は追捕され,また武士の藤原千晴(秀郷の子)らも捕らえられて流された。一方,右大臣藤原師尹が左大臣,大納言藤原在衡が右大臣に昇任した。この事件の真相については諸説あるが,結局は藤原氏の陰謀と考えられる。…

※「藤原師尹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原師尹の関連キーワード藤原師尹(ふじわらのもろまさ)検非違使別当山内首藤氏藤原芳子藤原済時姉小路氏閑院大君源満仲定昭

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android