コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内首藤通広 やまのうちすどう みちひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内首藤通広 やまのうちすどう-みちひろ

?-? 南北朝時代の武将。
備後(びんご)(広島県)地毗(じびの)荘の地頭山内首藤通資(みちすけ)の子。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)に際し,観応2=正平(しょうへい)6年(1351)一族の結束をちかう一揆(いっき)契約を兄山内首藤通時の遺児通継ら10名とむすび,足利直冬方についた。通称は又三郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山内首藤通広の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android