山口弘達(読み)やまぐち ひろよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口弘達 やまぐち-ひろよし

1860-1932 幕末-昭和時代前期の大名,華族。
万延元年3月23日生まれ。山口弘敞(ひろあきら)の長男。文久2年常陸(ひたち)(茨城県)牛久(うしく)藩主山口家12代となる。藩校正心(せいしん)館を創立。維新後,学習院教授,貴族院議員をつとめる。子爵。硯(すずり)の愛好家として知られた。昭和7年7月18日死去。73歳。号は蘭研,西坡。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android