コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛久藩 うしくはん

2件 の用語解説(牛久藩の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

うしくはん【牛久藩】

江戸時代常陸(ひたち)国河内(かわち)郡城中(じょうちゅう)(現、茨城県牛久市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は正心館。1601年(慶長(けいちょう)6)、旗本山口重政(しげまさ)が、関ヶ原の戦いの戦功で上総(かずさ)国内の所領5000石に牛久5000石が加えられ、1万石で立藩した。11年に下野(しもつけ)国5000石が加増されて1万5000石となったが、13年に重政の嫡子の婚姻を幕府に届けなかったとして改易(かいえき)された。その後大坂の陣の戦功により29年(寛永(かんえい)6)に遠江(とおとうみ)国と牛久に1万5000石で再立藩した。2代山口弘隆(ひろたか)のとき、領地が牛久周辺に集められ、牛久に陣屋を構えた。1635年(寛永12)に弘隆が弟の重恒(しげつね)に5000石を分与、以後、1万石で明治維新まで12代続いた。1871年(明治4)の廃藩置県で牛久県となり、その後、新治(にいはり)県を経て75年茨城県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛久藩
うしくはん

常陸国(ひたちのくに)河内(かっち)郡城中(じょうちゅう)村に置かれていた藩。現在の茨城県牛久市城中の周辺。藩主は譜代(ふだい)山口氏。1601年(慶長6)山口重政(しげまさ)が上総国(かずさのくに)(千葉県)内と牛久に各5000石を与えられたのが藩成立の端緒。のち5000石加増されるが、一時改易され、1629年(寛永6)遠江(とおとうみ)国(静岡県)と常陸国牛久に1万5000石で復旧する。1669年(寛文9)2代弘隆(ひろたか)は弟重恒(しげつね)に5000石を分与して、牛久藩1万石を領し、以来廃藩まで続く。菊之間詰めで大坂定番(じょうばん)、大番頭(おおばんがしら)などに任ぜられる。幕末期の家臣数154人、領地は牛久、新治(にいはり)、下妻、馴馬(なれうま)領など34か村、総石高1万2200石であった。1871年(明治4)廃藩、牛久県、新治県を経て、1875年茨城県に統合。[佐久間好雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牛久藩の関連キーワード常陸宮河内鍬常陸河内貞衡河内武信河内屋源七河内屋与八郎楽浪河内立花河内辻常陸大掾