山口弘敞(読み)やまぐち ひろあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口弘敞 やまぐち-ひろあきら

1812-1862 江戸時代後期の大名。
文化9年生まれ。山口弘致(ひろむね)の4男。兄山口弘毅(ひろたか)の養子となり,嘉永(かえい)2年常陸(ひたち)(茨城県)牛久(うしく)藩主山口家11代。弘毅の財政改革をひきつぎ,新田開発などをおこなった。文久2年6月14日死去。51歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android