コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名義幸 やまな よしゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山名義幸 やまな-よしゆき

?-? 南北朝時代の武将。
山名師義(もろよし)の長男。丹後,出雲(いずも)の守護康暦(こうりゃく)元=天授5年(1379)伊予(いよ)守護の河野通尭(こうの-みちたか)が細川頼之(よりゆき)に攻められた際,幕府から頼之追討の命をうけた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山名義幸

生年:生没年不詳
南北朝時代の武将。師義の長子。民部少輔,讃岐守。父師義病弱のため永和1/天授1(1375)年7月以前に丹後守護を譲られ,同4年11月には室町幕府侍所頭人に任ぜられている。また永徳1/弘和1(1381)年7月以前に出雲守護を加えられたが,その後は弟満幸が将軍足利義満に寵愛され,至徳2/元中2(1385)年7月までに丹後が満幸に更迭され,出雲も同3年9月以前に満幸への交替を余儀なくされた。その後の動静は不明。『明徳記』に病弱と伝え,明徳の乱(1391)にも参陣していないところをみれば,乱以前に病死していたものと推定される。

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

山名義幸の関連キーワード山名師義

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android