康暦(読み)コウリャク

大辞林 第三版の解説

こうりゃく【康暦】

北朝の年号(1379.3.22~1381.2.24)。永和の後、永徳の前。後円融天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうりゃく【康暦】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1379年から1381年まで、後円融(ごえんゆう)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は永和(えいわ)。次元号は永徳(えいとく)。1379年(永和5)3月22日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『唐書(とうじょ)』を出典とする命名。康暦年間の南朝の天皇は長慶(ちょうけい)天皇。南朝は天授(てんじゅ)(1375~1381年)、弘和(こうわ)(1381~1384年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。1378年(永和4/天授4)に邸宅・幕府の政庁を北小路室町の「花の御所」に移した義満は、有力な大名を排斥することで将軍の権力の強化を図っていった。義満は家督相続で対立のあった土岐(とき)氏一族の内紛を画策して、1379年(康暦1/天授5)に土岐頼康(よりやす)らの追討令を出した。同年には康暦の政変が起こり、義満は幕府管領の細川頼之(よりゆき)を罷免している。また、関東では、鎌倉公方の足利氏満(うじみつ)を諫めるため関東管領の上杉憲春(のりはる)が自害する事件が起こり、翌1380年(康暦2/天授6)には、下野守護の小山義政(おやまよしまさ)が国司の宇都宮基綱(もとつな)を殺害し鎌倉公方に反旗を翻す乱が起こった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうりゃく カウリャク【康暦】

南北朝時代、北朝の後円融天皇の代の年号。永和五年(一三七九)三月二二日、天変、疾疫、兵革などにより改元。南朝の長慶天皇の代の天授五~七年にあたる。将軍足利義満、管領斯波義将の時代。康暦三年(一三八一)二月、永徳(えいとく)と改元された。出典は「新唐書」の「承成康之暦業」による。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

康暦の関連情報