山岡 望(読み)ヤマオカ ノゾム

20世紀日本人名事典の解説

山岡 望
ヤマオカ ノゾム

大正・昭和期の教育者 国際基督教大学教授。



生年
明治25(1892)年3月27日

没年
昭和53(1978)年8月22日

出生地
三重県津市

学歴〔年〕
東京帝大理科大学化学科〔大正5年〕卒

経歴
三重県津市の教会牧師館に山岡邦三の三男として生まれる。大正5年第六高等学校教授として岡山に赴任、昭和25年同校が廃校になるまでの35年間化学を教えた。この間、2年「化学史伝」、7・9年「有機化学構造論」(上・下)を著す。また自著「わが有機化学」により講義・化学実験を行い、各分野に数多くの俊秀を送り出した。のち東京に移り日本獣医畜産大学教授、国際基督教大学教授を務める傍ら、化学史の執筆に専念し、「化学史談」(1〜8 別刷)、「化学史窓」「化学史筆」「化学史塵」「六稜史筆」などを著した。また没後の60年、内田老鶴圃から「山岡望伝」が出版された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android