コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岡景猶 やまおか かげなお

1件 の用語解説(山岡景猶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岡景猶 やまおか-かげなお

?-1599 織豊時代の武将。
山岡景之の3男。近江(おうみ)(滋賀県)石山城主。織田信長,豊臣秀吉につかえたが,賤ケ岳(しずがたけ)の戦いののち,柴田勝家に内応した疑いで領地を没収され,のち加藤清正に属した。その後,徳川家康の命で結城秀康(ゆうき-ひでやす)につかえた。慶長4年死去。号は玉林斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山岡景猶の関連キーワードマーストンガリレイ(年譜)釜石市から東海市への集団移転九戸城難民審査参与員制度クロムウェル沈惟敬住吉如慶智旭道入

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone