コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田勝家 しばたかついえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柴田勝家
しばたかついえ

[生]大永2(1522).尾張
[没]天正11(1583).4.24. 越前,北庄
安土桃山時代の武将。権六,のち修理亮と称した。初め織田信長の弟信行に仕え,織田家の老臣林信勝とともに信行の擁立をはかったが失敗し,信長の家臣となった。たびたび戦功をあげ,信長麾下第1の猛将といわれ,重臣として勢威を保った。天正3 (1575) 年信長から北陸経営をまかされ,越前北庄 (きたのしょう) に拠って加賀,能登を平定。同 10年越中に攻め入り越後の上杉景勝と対陣中,本能寺の変が起り,豊臣秀吉に明智光秀討滅の功を譲った。織田氏の後嗣問題で秀吉と対立,同 11年4月これを除こうとして近江賤ヶ岳で戦ったが,逆に敗れ,居城北庄で妻小谷の方とともに自殺した。 (→賤ヶ岳の戦い )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

柴田勝家【しばたかついえ】

安土桃山時代の武将。初名権六(ごんろく),のち修理亮(しゅりのすけ)と称す。1556年織田信長を倒して弟信行を擁立せんとして失敗。信長に許され,以後織田氏の宿老として大功をあげ,信長の妹お市の方をめとり,1575年以後北陸地方の経略に当たった。
→関連項目尾山北庄清洲会議豊臣秀吉福井[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田勝家 しばた-かついえ

1522-1583 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)2年生まれ。はじめ織田信行,ついで信長につかえて戦功をたて,越前(えちぜん)(福井県)北庄(きたのしょう)城主となる。本能寺の変後,信長の後嗣(こうし)をめぐり羽柴(豊臣)秀吉と対立,賤ケ岳(しずがたけ)の戦いに敗れ,妻お市の方(信長の妹)とともに天正(てんしょう)11年4月24日自刃(じじん)。62歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は権六,のち修理亮。
【格言など】先陣の大将たる者,威権なき時は下知行わざるものなり(「信長公記」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

柴田勝家

没年:天正11.4.24(1583.6.14)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。通称権六。修理亮。尾張愛知郡の出で初め織田信長の弟信行に仕えたが,のち信長の家臣として屈指の宿老となる。猛将の誉れ高く,元亀1(1570)年籠城していた近江長光寺城(近江八幡市)を六角承禎に攻められたとき,飲料水の瓶を割って城には戻らぬ覚悟で出撃し,敵を破ったことから「瓶破柴田」の異名をとったと伝えられる。天正3(1575)年9月,信長が越前(福井県)一向一揆を倒すと,同国の支配を委ねられたが,府中(武生市)に佐々成政,不破光治,前田利家らが監視役として置かれ(府中三人衆),敦賀郡は武藤舜秀に,大野郡の大部分は金森長近,原政茂にそれぞれ与えられたため,越前一国にその支配がおよんだわけではない。 入国すると勝家は北庄(福井市)に9層の天主を持つ城を築き,先に滅びた朝倉氏の城下町一乗谷(同市)から商人,職人を呼び寄せ,寺院を移して新しい町造りを行った。丸岡(丸岡町)に養子勝豊を,袋田(勝山市)には子息勝安を入れて支城とした。また天正4年には7カ条からなる 国中掟 を発布し,百姓が武士の家来になることや,税逃れの目的で他所に移ることを禁じ,家臣には勝家に無断で百姓を人夫に召し使ってはならないことなどを命じた。同年刀狩を実施し,集めた武器を農具や九頭竜川の舟橋の鎖に改鋳したとの伝承も残り,民政にも手腕を発揮したことが窺われる。翌年,信長政権下,越前で初めての検地も行っている。同8年,加賀(石川県)一向一揆を平定して越中(富山県)に進み,越後(新潟県)上杉氏と対峙。同10年の本能寺の変後は,信長の後継者の地位を巡って羽柴秀吉との対立が深まり,翌年4月近江賤ケ岳(滋賀県木之本町)で対戦したが敗れて北庄に退き,秀吉軍による包囲のなか,同24日北庄城にて妻お市(小谷の方。信長の妹,もと浅井長政の妻)と共に自殺した。辞世は「夏の夜の夢路はかなき跡の名を雲井にあげよ山ほととぎす」。北庄城本丸跡には柴田神社がある。<参考文献>太田牛一『信長公記』

(河村昭一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しばたかついえ【柴田勝家】

?‐1583(天正11)
安土桃山時代の武将。織田信長の部将,越前北ノ庄城将。通称権六,修理亮。初め織田信行の宿老として信長に反抗したが,のち信長に仕え,美濃・近江・伊勢の征服戦に参加,奈良・京都の軍政にも当たり,1575年(天正3)越前一国を与えられて与力を付属され,北陸の経略に従った。このとき信長が下付した越前国掟は信長の分国統治方針を明示するものであり,一国支配の勝家と府中三人衆とによる相互監察の態勢は織田氏の大名支配の構造を示すものであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しばたかついえ【柴田勝家】

1522~1583) 安土桃山時代の武将。尾張の人。織田信長の臣。通称、修理亮。妻お市は信長の妹。越前北庄(今の福井市)に拠って北陸を支配。本能寺の変後、豊臣秀吉と対立、賤ヶ岳の戦いに敗れ、北庄で自害した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴田勝家
しばたかついえ
(1522―1583)

戦国時代から安土(あづち)桃山時代の武将。権六(ごんろく)、修理亮(しゅりのすけ)。織田氏の宿老(しゅくろう)。初め信長の弟信行に仕えた。信行の反逆に味方したが降伏し、再度の陰謀を信長に密告した。1570年(元亀1)6月、近江(おうみ)(滋賀県)長光寺(ちょうこうじ)城を守っているとき、六角承禎(ろっかくしょうてい)のため飲料水攻めになるが、水瓶(みずがめ)を破り出撃して勝ち、瓶割り柴田の勇名を得たという。75年(天正3)9月、信長は越前(えちぜん)を平定すると、勝家にこれを与え、北庄(きたのしょう)(福井市)に置き、北陸の総管とした。勝家は80年に加賀を平定し、越中(えっちゅう)に進出するが、佐々成政(さっさなりまさ)、前田利家(としいえ)らを組下とし、82年には上杉景勝(かげかつ)と対戦。本能寺の変では景勝の追撃を警戒し、上洛(じょうらく)できなかった。信長の後継者をめぐり、信長の三子神戸信孝(かんべのぶたか)をたてようとし、羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉が推す三法師(さんほうし)(信長の嫡孫秀信(ひでのぶ))に対抗した。また秀吉、惟住長秀(これずみながひで)、池田信輝(いけだのぶてる)の3人と交代して庶政をみることになった。これらの動きに対し、同じ不満をもった信孝と結び、83年に滝川一益(たきがわかずます)らも味方にして挙兵した。秀吉は信孝を岐阜城に攻めて降伏させ、一益を伊勢(いせ)長島城に攻めた。やがて勝家が出撃したため、再征中の大垣城から引き返し、近江賤ヶ岳(しずがたけ)で決戦した。ここで敗戦した勝家は急追され、4月24日妻お市の方(小谷(おだに)の方)とともに北庄城で自殺。享年57、58、62など異説がある。浅井氏滅亡ののち勝家と秀吉との間に小谷の方をめぐって争奪がおこり、これが両人不和の原因になったという俗説もある。[奥野高広]
『奥野高広・岩沢愿彦校注『信長公記』(1969・角川書店) ▽岩沢愿彦著『前田利家』(1966・吉川弘文館) ▽高柳光寿著『賤ヶ岳之戦』(1978・春秋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の柴田勝家の言及

【越前国】より

… 1573年朝倉氏滅亡後まもなく一向一揆が蜂起するが,翌々年信長は出兵して越前を再平定した。柴田勝家に越前八郡を,その目付として府中三人衆(前田利家,佐々成政,不破光治)を府中に置いて付近の今立・南条2郡を支配させた。また大野郡は金森長近,原政茂,敦賀郡は武藤舜秀が統治した。…

【北ノ庄】より

…戦国時代,朝倉氏は北陸街道を扼(やく)するこの地に一族を配置し,領国経営を進めた。1573年(天正1)朝倉氏が滅亡すると織田信長は北ノ庄三人衆として木下祐久,明智光秀,津田元嘉を配し,75年には柴田勝家を配置して北陸経営の拠点とした。勝家は九重の天守をもつ北ノ庄城を築くが,83年豊臣秀吉に滅ぼされる。…

【賤ヶ岳の戦】より

…1583年(天正11)4月近江国賤ヶ岳付近でおこなわれた羽柴(豊臣)秀吉と柴田勝家の戦い。織田信長の死後,秀吉と勝家の勢力争いに信長の遺子信雄(のぶかつ)と信孝の争いが加わったものである。…

※「柴田勝家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柴田勝家の関連キーワード賤ヶ岳の戦い・賎ヶ嶽の戦い福井県福井市左内町賤ヶ岳の七本槍幸田彦右衛門母福田 源三郎毛受茂左衛門佐久間勝之福田源三郎賤ヶ岳の戦佐久間盛政柴田退治記毛受家照近藤無市山岡景猶柴田勝久山路正国織田信孝丹羽長秀永原松雲栃ノ木峠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柴田勝家の関連情報