コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山彦千子 やまびこ せんこ

1件 の用語解説(山彦千子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山彦千子 やまびこ-せんこ

1946- 昭和後期-平成時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
昭和21年1月26日生まれ。昭和38年長唄の田島佳子に入門。53年河東(かとう)節の6代山彦河良(かりょう)に入門し,「助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」で初舞台。58年山彦千子の芸名をゆるされる。平成12年清栄会奨励賞。14年古曲会理事。21年河東節三味線としてははじめて人間国宝に認定された。東京出身。東京芸大別科(邦楽)修了。本名は八田美千代。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山彦千子の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄カストリ雑誌北朝鮮新教育世界(雑誌)盧武鉉南海地震ビキニ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone