コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本亡羊 やまもと ぼうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本亡羊 やまもと-ぼうよう

1778-1859 江戸時代後期の本草家,医師。
安永7年6月生まれ。山本錫夫(せきふ),山本渓愚の父。儒医のかたわら本草学小野蘭山にまなび,京都本草学の中心として活躍。自宅の読書室でおしえ,薬草園をつくり,物産会をひらいた。安政6年11月27日死去。82歳。京都出身。名は世孺(せいじゅ)。字(あざな)は仲直。通称は永吉。著作に「百品考」「救荒本草記聞」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山本亡羊

没年:安政6.11.27(1859.12.20)
生年:安永7.6.16(1778.7.10)
江戸後期の本草家。幼名は本三郎,名は世孺,字は仲直,通称は永吉。亡羊は号。儒医山本封山の次男として京都に生まれる。父に儒医学を学び,16歳で小野蘭山に入門して本草学を学ぶ。医業のかたわら儒学,本草学を講義し,家塾を読書室と称して毎年のように読書室物産会を開催。この物産会は亡羊没後は子の榕室,弦堂に継がれ,文化5(1808)年から文久3(1863)年にかけて計48回開かれた。深い学識と篤実な人柄で門人は千数百人を数え,蘭山なきあとの京都本草学派の主導者となり,文政9(1826)年には江戸参府途次のシーボルトとも京都で会見している。<著作>『懐中食性』『洛医彙講』『医学字林』『格致類編』『百品考』

(遠藤正治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

山本亡羊 (やまもとぼうよう)

生年月日:1778年6月16日
江戸時代後期の本草家
1859年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

山本亡羊の関連キーワードオジギソウ岩永文楨水野皓山江馬活堂賀来飛霞生年月日須山三益山本良臣田中綏猷山本章夫岡安定

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android