コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本四郎 やまもと しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本四郎 やまもと-しろう

1839-1862 幕末の武士。
天保(てんぽう)10年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。脱藩して京坂で尊王派とまじわる。病にかかって京都藩邸で療養中に寺田屋事件がおこり,帰郷を命じられたが服さず,文久2年4月27日自刃(じじん)した。24歳。名は義徳初名は神田直助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本四郎の関連キーワード対華二十一か条要求原敬(はらたかし)西園寺公望内閣大隈重信内閣憲政擁護運動立憲同志会兇徒聚衆罪山本権兵衛西園寺公望桂太郎内閣望月小太郎戊申倶楽部小石元俊大正政変寺内正毅小森桃塢小石元瑞新宮凉庭藤林普山桂園時代

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android