コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義徳 ぎとく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義徳 ぎとく

?-? 飛鳥(あすか)時代の僧。
白雉(はくち)4年(653)遣唐第1船(大使吉士長丹(きしの-ながに))で定恵(じょうえ),坂合部石積(さかいべの-いわつみ)らと渡海。持統天皇4年(690)大伴部博麻(おおともべの-はかま),智宗(ちそう)らとともに,新羅(しらぎ)送使の金高訓(こん-こうくん)にしたがって帰国した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

義徳の関連キーワード太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男おそるべしっ!!!音無可憐さん可愛いだけじゃダメかしら?ワットフアラムポーン木更津キャッツアイのんちゃんのり弁渚のシンドバッドBSデジタル放送室蘭市港の文学館イグアナの娘スクーリング坂口 祐三郎10月21日春日 由三八木 義徳長見 義三本島 一郎柏倉 とく早稲田文学太陽の季節

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義徳の関連情報