山本成雄(読み)やまもと しげお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本成雄 やまもと-しげお

1926- 昭和時代後期の歌人。
大正15年5月9日生まれ。「アララギ」をへて昭和21年佐藤佐太郎の「歩道」にはいる。同誌に「歌壇時評」を連載したほか,短歌雑誌に斎藤茂吉論を執筆した。42年ごろまで富士銀行に勤務。新潟県出身。著作に「現代短歌・持続と断絶」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android