山本時男(読み)やまもと ときお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本時男 やまもと-ときお

1906-1977 昭和時代の発生生物学者。
明治39年2月16日生まれ。昭和18年名古屋帝大教授となる。魚類の発生生理を研究し,受精波説を提唱。また性ホルモンによるメダカ性転換の実験に世界ではじめて成功した。51年学士院賞。昭和52年8月5日死去。71歳。秋田県出身。東京帝大卒。著作に「魚類の発生生理」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android