コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本洞雲 やまもと とううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本洞雲 やまもと-とううん

?-? 江戸時代前期の儒者。
大和(奈良県)の人。宇都宮遯庵(とんあん)にまなぶ。天和(てんな)2年(1682)朝鮮通信使の一行と漢詩を贈答した。名は泰順。字(あざな)は三径。別号に梅室。著作に「太極図説諺解」「浪華十二景」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android