コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村美紗 やまむら みさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村美紗 やまむら-みさ

1934-1996 昭和後期-平成時代の推理作家。
昭和9年8月25日生まれ。木村汎(ひろし)の姉。中学教師ののち結婚。子育てをしながら執筆活動にはいり,昭和49年「マラッカの海に消えた」で注目される。京都を舞台に,トリックを駆使したミステリーが人気をよび,おおくの作品がテレビドラマ化された。58年「消えた相続人」で日本文芸大賞。平成8年9月5日死去。62歳。京都出身。京都府立大卒。作品はほかに「花の棺」「百人一首殺人事件」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山村美紗の関連キーワード高知お見合いツアー殺人事件京都グルメ旅行殺人事件三十三間堂の矢殺人事件京都婚約旅行殺人事件京都結婚指輪殺人事件死体はクーラーが好き五〇パーセントの幸福京都再婚旅行殺人事件京都・宇治川殺人事件マラッカの海にきえた京都新婚旅行殺人事件平家伝説殺人ツアー財テク夫人殺人事件夜の都大路殺人事件京都・神戸殺人事件卒都婆小町が死んだ目撃者ご一報下さい京都夏祭り殺人事件京都・金沢殺人事件京都嵯峨野殺人事件

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山村美紗の関連情報