山村美紗(読み)やまむら みさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村美紗 やまむら-みさ

1934-1996 昭和後期-平成時代の推理作家。
昭和9年8月25日生まれ。木村汎(ひろし)の姉。中学教師ののち結婚。子育てをしながら執筆活動にはいり,昭和49年「マラッカの海に消えた」で注目される。京都を舞台に,トリックを駆使したミステリーが人気をよび,おおくの作品がテレビドラマ化された。58年「消えた相続人」で日本文芸大賞。平成8年9月5日死去。62歳。京都出身。京都府立大卒。作品はほかに「花の棺」「百人一首殺人事件」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山村美紗の関連情報