コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山東彦右衛門 さんとう ひこえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山東彦右衛門 さんとう-ひこえもん

1756-1831 江戸時代中期-後期の武術家。
宝暦6年生まれ。肥後熊本藩士。二天一流の剣術,楊心流柔術,小堀流水練の3技に熟達する。とくに剣術は宮本武蔵流派をつたえ,まなぶ者数百人にのぼった。天保(てんぽう)2年5月25日死去。76歳。名は清秀

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山東彦右衛門の関連キーワード竹田出雲(2代)ブラック七年戦争ブラック(Joseph Black)上原世美行応玄節ビルデルデイクビルデルダイクアレクサンドリンスキー劇場国朝漢学師承記

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android