二天一流

  • にてんいちりゅう
  • にてんいちりゅう ‥リウ

デジタル大辞泉プラスの解説

剣術の流派のひとつ。江戸時代の伝説的剣豪宮本武蔵(二天)が創始。はじめ円明流の名で武術の流派を興した武蔵が、二刀流を習得して流派名を二刀一流とし、武蔵の没後、寺尾求馬助信行(くめのすけのぶゆき)が現名に改称した。武蔵が晩年を過ごした九州地方を中心に継承されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近世剣術の一流派。流祖は宮本武蔵玄信(むさしげんしん)(1584―1645)。武蔵は初め流名を円明(えんめい)流と称し、晩年は二刀一流を号したが、その没後20年を経た1666年(寛文6)ころ、道統を継いだ寺尾求馬助信行(てらおくめのすけのぶゆき)(1621―88)によって、師の法号二天道楽居士(にてんどうらくこじ)にちなみ、二天一流と改めた。この流が技法上、大小二刀を基本とする意義について、『兵法三十五箇条』の冒頭に「左の手にさして心なし、太刀(たち)を片手にて取ならはせん為(ため)なり」と述べ、『五輪書(ごりんのしょ)』には、「二刀と云(いい)出す所、武士は将卒ともにぢきに二刀を付(つく)る役なり、……此(この)二つの利を知らしめんため二刀一流と云なり」と述べている。武蔵はあまり門人をとらなかったが、慶長(けいちょう)年間(1596~1615)円明流と称したころの門人としては、尾張(おわり)(名古屋)円明流の祖で讃岐(さぬき)の人、竹村与右衛門頼角(たけむらよえもんよりすみ)、鉄人実手(てつじんじって)流を始めた姫路の人、青木城右衛門金家(じょうえもんかねいえ)、江戸滞留中の門人、石川主税清宣(ちからきよのぶ)らがある。また武蔵終焉(しゅうえん)の地である肥後熊本における二天一流の正式相伝者は、同藩士寺尾孫之丞信正(まごのじょうのぶまさ)(のち夢世勝信(ゆめよかつのぶ))とその弟求馬助信行、古橋惣左衛門良政(ふるはしそうざえもんよしまさ)の3人であったが、孫之丞は家職の御鉄砲頭(1050石)に専心し、古橋は江戸へ出たため、求馬助が道統を継いだ。求馬助のち藤兵衛には6人の男子があり、なかでも四男信盛(のぶもり)は名手で、新免辨助(しんめんべんすけ)を称したが、1701年(元禄14)45歳で惜しくも死去した。寺尾の門流はその後、熊本藩を中心に、福岡、佐賀など北九州諸藩に広がりをみせた。

[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 剣術の一派。流祖は宮本武蔵。初め円明流と称したが、武蔵没後、門人寺尾求馬助(くめのすけ)信行が二天一流と改めた。二刀一流。二天流。
※五輪書(1645頃)序「兵法の道、二天一流と号し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の二天一流の言及

【宮本武蔵】より

…江戸時代初期の剣豪。二天一流(円明流,武蔵流ともいう)剣法の祖。《五輪書》の著者。…

※「二天一流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android