山東牛(読み)さんとううし

精選版 日本国語大辞典の解説

さんとう‐うし【山東牛】

〘名〙 (中国の山東省から輸出されたところからいう) 中国の河南・山東・四川・山西・甘粛の諸省に産するコブウシの一種の黄牛(こうぎゅう)。台湾の黄牛より大きく、雌の体高は一一九センチメートル、体重三四〇キログラム前後、背は水平で、臀部の筋肉がよく発達し、脚は短い。主に使役に利用するが、食用ともする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android