コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄牛 アメウシ

デジタル大辞泉の解説

あめ‐うし【黄牛】

《「あめうじ」とも》飴色(あめいろ)の毛色。古くはりっぱな牛として貴ばれた。

おう‐ぎゅう〔ワウギウ〕【黄牛】

家畜の牛の一品種。肩に小さなこぶがあり、黄褐色。中国や東南アジアで飼われ、体質が強健で暑さにも強く、農耕用。コブウシの小形の一系統といわれる。こうぎゅう

こう‐ぎゅう〔クワウギウ〕【黄牛】

おうぎゅう(黄牛)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あめうし【黄牛】

〔「あめうじ」とも〕
飴色の毛の牛。上等な牛とされた。

おうぎゅう【黄牛】

こうぎゅう【黄牛】

ミャンマー・タイ・中国・台湾などで飼育されている役用牛。毛色は淡褐色または暗褐色。肩に小さなこぶがあり、四肢は細い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄牛
こうぎゅう

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。東南アジアから中国に分布する家畜ウシの総称。毛色は黄褐色のものが多いが淡褐色のものもある。農耕用として飼われる場合が多いが、肉質も比較的良好で、環境に対する適応性に富んでいる。[西田恂子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黄牛の言及

【ウシ(牛)】より

和牛
[役用種]
 ヨーロッパの役用牛はみな兼用種で労役専用の品種はない。アジアには多く,インド牛の大部分の品種(カンクレージ種Kankrej,オンゴール種Ongole,キラリ種Khillari,ハリアナ種Harianaなど)や中国南部から東南アジア各地の黄牛yellow cattle(イラスト)がある。
[兼用種]
 (1)デーリー・ショートホーン種Dairy shorthornイギリスのイングランド原産で乳肉兼用種。…

※「黄牛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

黄牛の関連キーワード松田黄牛水田硯山高砂族淡褐色暗褐色引越し要樹平動物ナン李密移徙四肢

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android