コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山根武亮 やまね・たけすけ

朝日日本歴史人物事典の解説

山根武亮

没年:昭和3.4.4(1928)
生年:嘉永6.2.15(1853.3.24)
明治期の陸軍軍人。長州(萩)藩山根修平の次男。工兵の偉材として知られる。明治11(1878)年陸軍士官学校卒。日清戦争(1894~95)時には第2軍兵站参謀長。日露戦争(1904~05)では鉄道監を務め,39年中将,40年男爵に叙せられた。大正1(1912)年近衛師団長。7年貴族院議員

(戸部良一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

山根武亮の関連キーワード斎藤寅次郎島津保次郎清水宏マキノ雅広五所平之助衣笠貞之助田坂具隆稲垣浩小津安二郎キャプラ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone