コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山榛の木 ヤマハンノキ

デジタル大辞泉の解説

やま‐はんのき【山×榛の木】

カバノキ科の落葉高木。山野に自生。葉は円形で五~八つに浅く裂ける。春、葉より先に、紫茶色の尾状の雄花穂と楕円形の雌花穂をつける。果実・樹皮タンニンを含むので染料に、材は器具・建築に使用。まるばはんのき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

山榛の木の関連キーワードカバノキ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android