山田 三郎(読み)ヤマダ サブロウ

20世紀日本人名事典の解説

山田 三郎
ヤマダ サブロウ

昭和期の挿絵画家



生年
昭和2(1927)年

没年
昭和54(1979)年

出生地
東京

経歴
人形工房を経て、人形劇団プークの再建に参加。人形劇や人形映画の仕事に携わる。のち児童出版美術の世界に入り、絵本や挿絵に筆を振るう。主な絵本に「三びきのこぶた」「かもときつね」「ちびっこカムのぼうけん」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android