コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田宇右衛門 やまだ うえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田宇右衛門 やまだ-うえもん

1813-1867 江戸時代後期の武士。
文化10年9月9日生まれ。長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩士。吉田大助に山鹿流兵学をまなび,大助の養子で幼少の吉田松陰を後見する。兵学教授,参政首座となり,木戸孝允(たかよし)らと藩政刷新にあたった。慶応3年11月11日死去。55歳。本姓は増野。名は頼毅(よりき)。号は治心気斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山田宇右衛門

没年:慶応3.11.11(1867.12.6)
生年:文化10.9.9(1813.10.2)
幕末の長州(萩)藩の政治家。名は頼毅。宇右衛門は通称。号は星山,治心気斎。増野家に生まれ,大組の山田家,禄100石に入る。安政1(1854)年相州警衛総奉行手元役,同3年徳地代官,万延1(1860)年遠近方に任ずる。文久2(1862)年政務座役,学習院用掛として尊王攘夷運動に参画。藩内政争で中立的立場をとり,同3年奥阿武代官,元治1(1864)年郡奉行を務め,慶応1(1865)年表番頭格,政務座を務め,参政首座として木戸孝允と討幕派長州藩の政務の頂点にいたが,病死。

(井上勝生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

山田宇右衛門 (やまだうえもん)

生年月日:1813年9月9日
江戸時代末期の長州(萩)藩士
1867年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

山田宇右衛門の関連キーワード生年月日没年

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android