コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田白金 やまだのしろがね

1件 の用語解説(山田白金の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やまだのしろがね【山田白金】

奈良時代の法律家。生没年不詳。銀とも書く。758年(天平宝字2)7月外従五位下に叙され,761年10月明法博士のまま主計助を兼任し,763年4月河内介に転出している。826年(天長3)10月の《令義解》の撰定を指示する官符の中に,従五位下山田白金が博士大和(倭)長岡らと養老律令修定の事業に加わったことが見えている。また858年(天安2)6月に死去した大学助山田春城の伝記の中に,曾祖父白金は明法博士で,律令の義について通じないところはなく,後に法律をいうものは,その学説を准的としたと記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山田白金の関連キーワード王建章日観張旭董源ドラコン目連劉徽雪村法律家『荘子』

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone