撰定(読み)せんてい

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐てい【撰定】

〘名〙
① 書物・文書などをつくり定めること。編纂すること。また、多くの詩歌文章からよいものをえらびだすこと。
※西宮記(969頃)三「頭奉勅仰諸司所々、令申文、撰定奏聞〈以内給案文内給所〉」
※古今著聞集(1254)一三「卅首歌を人々によませて、撰定してつかはれける時」 〔晉書‐張華伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐てい【×撰定】

[名](スル)書物や文書を編集すること。また、多くの詩歌・文章の中からよいものを選び出すこと。「勅命により和歌集を撰定する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android