コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官符 カンプ

大辞林 第三版の解説

かんぷ【官符】

「太政官符だいじようかんぷ」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の官符の言及

【太政官符】より

…太政官が管轄下にある官司に下した文書。略して官符ともいう。公式令で命令下達の文書と規定された符式によって,太政官から八省,大宰府,国司等に下すものであった。…

【符】より

…上申文書である(げ)に対応する下達文書である。太政官(だいじようかん)から八省や諸国へ下す太政官符,省から管轄下の寮や司へ下す省符,国から郡へ下す国符などがある。様式は第1行に差出所と充所があり,本文の書止(かきどめ)文言はすべて〈符到奉行〉(符到らば奉行せよ)である。…

※「官符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

官符の関連キーワード御用提灯・御用提燈新抄格勅符抄平忠常の乱酒人刀自古類聚符宣抄豊田頼英筒井順永筒井順昭太政官符大伴室屋問民苦使古市澄胤秋田城介山田白金官符衆徒朝野群載官省符荘貞観格式院庁下文筒井順慶

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android