山相学(読み)サンソウガク

  • さんそうがく サンサウ‥
  • さんそうがく〔サンサウ〕

大辞林 第三版の解説

山相を明らかにする学問。探鉱術・採鉱法などに及ぶ。江戸時代、佐藤信淵の「山相秘録」により大成された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 山相を研究する学問。また、鉱山発見の探鉱術。江戸時代に発展したもので、佐藤信淵が「山相秘録」を著わし体系づけた。
※草木六部耕種法(1832)序「奥羽両州有山相学

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる