コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山相秘録 さんそうひろく

1件 の用語解説(山相秘録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんそうひろく【山相秘録】

佐藤元伯(1674‐1732。不昧軒,信景。佐藤信淵の祖父)原著の鉱山書。18世紀前半の作と考えられている。総論,金山,銀山,銅山,鉄山,鉛山,錫山,水銀,硫黄に分けられ,ほかに山相秘録隠語解,山相秘録図,山相秘録図附言,山相秘録図解を付してある。出羽国雄勝郡貝沢村に生まれた信景が,諸国を遍歴して精通した鉱山学の集大成で,江戸時代における技術書のもっともすぐれたものとされる。同じ信景が鉱山経営について著した《坑場法律》とともに江戸時代鉱山書の代表的著作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山相秘録の関連キーワード松平不昧虚霊不昧不昧泉忠衡妻伊藤元啓遠藤元理岐秀元伯佐藤元萇佐藤元清佐藤元治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山相秘録の関連情報