山相秘録(読み)さんそうひろく

世界大百科事典 第2版の解説

さんそうひろく【山相秘録】

佐藤元伯(1674‐1732。不昧,信景。佐藤信淵祖父)原著の鉱山書。18世紀前半の作と考えられている。総論金山銀山銅山,鉄山,鉛山,錫山,水銀硫黄に分けられ,ほかに山相秘録隠語解,山相秘録図,山相秘録図附言,山相秘録図解を付してある。出羽国雄勝郡貝沢村に生まれた信景が,諸国を遍歴して精通した鉱山学集大成で,江戸時代における技術書のもっともすぐれたものとされる。同じ信景が鉱山経営について著した《坑場法律》とともに江戸時代鉱山書の代表的著作である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android