コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山相秘録 さんそうひろく

1件 の用語解説(山相秘録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんそうひろく【山相秘録】

佐藤元伯(1674‐1732。不昧軒,信景。佐藤信淵の祖父)原著の鉱山書。18世紀前半の作と考えられている。総論,金山,銀山,銅山,鉄山,鉛山,錫山,水銀,硫黄に分けられ,ほかに山相秘録隠語解,山相秘録図,山相秘録図附言,山相秘録図解を付してある。出羽国雄勝郡貝沢村に生まれた信景が,諸国を遍歴して精通した鉱山学の集大成で,江戸時代における技術書のもっともすぐれたものとされる。同じ信景が鉱山経営について著した《坑場法律》とともに江戸時代鉱山書の代表的著作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

山相秘録の関連キーワード佐藤信景筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺加藤盤斎如儡子新場マラータミルトン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山相秘録の関連情報