山賀(やまが)遺跡(読み)やまがいせき

知恵蔵の解説

山賀(やまが)遺跡

カスタネットのような珍しい形をした紀元前1〜同2世紀(弥生時代中期)以前の木製品が2005年12月に見つかった大阪府八尾市遺跡。直径約5cmで両面に流水文などを彫り、漆仕上げ。上端につるすための穴、下部切り込みの内側に複数の穴があり、羽根飾りなどを取り付けたらしい。装飾品とみられる。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android