コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスタネット カスタネット castanet

翻訳|castanet

6件 の用語解説(カスタネットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスタネット
カスタネット
castanet

打楽器の一種。内側にくぼみをつけた2個の木片を打ち鳴らす打楽器。元来,スペインの民俗楽器で,ハンドカスタと柄のついたハンドルカスタがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カスタネット(castanet)

打楽器の一。二枚貝のように組み合わせた一対の木片、または象牙片を打ち合わせて音を出す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カスタネット

音高が不確定な相互打奏体鳴楽器。語源はスペイン語カスターニャ(栗の木)。たいていは栗の木の,小さな浅い貝殻形の木片2個を紐(ひも)でゆるくつないである。スペインでは,踊り手が両手の親指につけ,すべての指を使って非常に細かく複雑で速いリズムを刻む。
→関連項目鼓詞打楽器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カスタネット【castanet】

小さな打楽器の一種。栗材を直径7~8cmの貝殻状に形づくった木片を1対打ち合わせて鳴らす体鳴楽器。語源はスペイン語のカスターニャcastaña(栗の実)。スペインの民俗楽器として知られ,踊りの伴奏のほかに管弦楽にも用いられる。通常,両手に1組ずつ持って交互にかなり複雑な音型を奏する。右手にはやや高い調子(雌)の1対を,左手には低目(雄)の1対を持って奏する。奏法は2枚の木片を結び合わせる紐のゆるみの輪の中に親指を入れてカスタネットぶら下げ,小指,薬指,中指,食指の順に動かして軽く打ち合わせることによって細かなトレモロ作り出すのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カスタネット【castanet】

打楽器の一。内側を浅く刳った二枚の木・象牙などの小板を紐でとじたもの。紐を親指に掛け、手のひらと指で強く挟むようにして打ち合わせて奏する。オーケストラなどで用いるものは、柄があり、これを持って振り鳴らす。元来はスペインの民族楽器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスタネット
かすたねっと
castanet英語
castaetaスペイン語

(ひも)で結ばれた木の板を打ち合わせて音を出す体鳴楽器。2枚の板からなり、手で包むように持って指で打ち合わせるスペイン式のものが本来の形であるが、管弦楽では、柄(え)のついた板の両側に小さな板を結び付け、振って音を出すものが用いられる。打面には響きをよくするためのくぼみがある。スペイン式カスタネットの起源は古代エジプトにまでさかのぼるが、名称は栗(くり)を意味するスペイン語のカスターニャcastaaに由来する。[前川陽郁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカスタネットの言及

【楽器】より

…なお,太鼓という名称をもっていても,スリット・ドラムのように木製打楽器に属するものや,銭太鼓のように〈がらがら〉に近いものなどもあるので,膜打楽器と太鼓とは必ずしも一致しない。 木製打楽器には拍子木やカスタネットのように打ち合わせる(拍奏)タイプと,木魚や魚板のように桴でたたく(桴奏)タイプとがある。後者のなかで,楽器としてより大きな機能をもったものが木琴である。…

【スペイン音楽】より

…管楽器も,ガイタgaitaと呼ばれる縦笛,ドゥルサイナdulzainaと呼ばれる素朴なクラリネット,あるいはバッグパイプ(これもガイタと呼ぶことが多い)など,地方によっていろいろな種類が用いられる。打楽器はともに古い起源をもつタンバリン(パンデレータpandereta)とカスタネット(カスタニュエラスcastañuelasまたはパリーリョスpalillos)のほか,大小の太鼓類がある。クリスマスの楽器として知られるサンボンバzambombaは,太鼓の中央に1本のアシを通し,ぬれた手でそれをこすることにより面皮を共鳴させる〈摩擦ドラム〉である。…

【スペイン舞踊】より

…こまかい符割を伴うリズムや拍子の混合が多く見られ,したがって踊りのステップも多彩な変化に富んで,しばしば微妙な間(ま)の取り方を必要とする。技法的には,小道具としてリズムの活気と複雑性を助長するカスタネットの使用,靴音を多様に活用するサパテアードzapateadoの発達,踊りの途中,フレーズの終りで動作を急激に止めポーズを決めるビエン・パラードbien paradoの手法などが目だつ。パセオpaseoと呼ばれる歩き方の優美さもしばしば重視される。…

※「カスタネット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カスタネットの関連キーワード三の鼓体鳴楽器タムタムサムルノリ管弦舞楽四の鼓バーチャイムサイド・ドラムアシライ[会釈]吹打

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カスタネットの関連情報