コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流水文 りゅうすいもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流水文
りゅうすいもん

装飾文様の一種。弥生時代の代表的なもので,土器銅鐸に多くみられ,しばしば木製品にも施されている。流水を文様化し,Sの字状に横あるいは縦に連続的に描かれた流動的文様で,洗練された均整美をもち,後期になると変形流水文へと転化する。染織品の意匠として多用されるようになったのは近世以降で,観世水 (かんぜみず) ,扇面流し,菊水文などがみられ,写生的な絵画文様として水を加えることも多く行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅうすい‐もん〔リウスイ‐〕【流水文】

流水をかたどった文様。数条の平行線をS字状に連ねた幾何学的なものと、絵画的に水の流れを表したものとがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

流水文【りゅうすいもん】

弥生(やよい)時代前・中期の土器,木器銅鐸(どうたく)にみられる。流水をかたどった模様。S字状曲折の繰返しからなり,横に展開するものと,蛇行状に縦に連なるものとがある。
→関連項目墨流し文様

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうすいもん【流水文】

弥生時代の文様。1条の線あるいは2~二十数条の平行線を横方向にまっすぐのばし,C字状に反転して逆方向にまっすぐのばすことを反復する。反転部分が左右相称に並ぶとX字状を呈して美しい。中・近世の水の絵画表現に似ることからこの名があり,水を表したものと信じる人もある。畿内を中心とする地方の土器((つぼ),壺の蓋(ふた),鉢),木器(容器,竪杵(たてぎね),ヘアバンド),骨角器(髪飾,弭(ゆはず)状角製品その他)や銅鐸にみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうすいもん【流水文】

水の流れるさまを表した模様。数条の平行線によって表すものが多い。観世水・竜田川など。
弥生時代の土器・銅鐸などに見られる、数条の線を S 字状に蛇行させて連ねた平行線文様。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の流水文の言及

【銅鐸】より


[文様と絵画]
 銅鐸のほぼ全面は文様で飾られている。斜格(斜格子)文,綾杉文,各種の渦文(渦巻文),斜めの平行線を三角形のなかにみたした鋸歯文,平行線のS字状曲折をくりかえした流水文などである。古段階を経て中段階にいたると部分部分によって飾る文様がかなり定まっている。…

※「流水文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

流水文の関連キーワード山賀(やまが)遺跡加茂岩倉遺跡桜ヶ丘遺跡竹内 碧外増村益城日本美術金属工芸猫橋遺跡尾形光琳細見華岳竜田川新羅焼鎔笵

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流水文の関連情報