コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山路紙(さんじがみ)

デジタル大辞泉プラスの解説

山路紙(さんじがみ)

和歌山県田辺市龍神村で生産される和紙。原料はコウゾ。当地では古くから紙漉きが行われていたが、戦後まもなく途絶えていたものを、1984年に来村した芸術家、奥野誠・佳世夫妻が中心となり復活。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山路紙(さんじがみ)の関連情報