山駕籠(読み)ヤマカゴ

精選版 日本国語大辞典の解説

やま‐かご【山駕籠】

〘名〙 昔、山道などで用いられた駕籠。竹で編み、底を円形に、屋根を網代(あじろ)に造り、垂れがなく、丸い棒や竹などを釣り手とした、粗末なもの。山乗り物。山輿(やまごし)
※徳川実紀‐元和元年(1615)五月七日「茶色の羽織を着し、山籠に乗り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android