岡崎藤吉(読み)おかざき とうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡崎藤吉 おかざき-とうきち

1856-1927 明治-大正時代の実業家。
安政3年3月生まれ。明治27年岡崎汽船をつくって海運業をはじめ,日清(にっしん)戦争で巨利をおさめる。40年神戸海上運送火災保険(同和火災海上保険の前身),大正6年神戸岡崎銀行(神戸銀行の前身)を創立。貴族院議員。昭和2年11月26日死去。72歳。開成学校卒。旧姓は石丸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android