コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田湖月 おかだ こげつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田湖月 おかだ-こげつ

?-? 江戸時代後期の文人。
幕府の先手与力。天保(てんぽう)(1830-44)ごろの人。画を月仙,魚屋北渓(ととや-ほっけい)にまなび,詩文,和歌にもひいでていた。指相撲余技とし,山崎桜斎と両大関といわれた。通称は親平。別号に香村,小桃源主人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android