コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚屋北渓 ととやほっけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魚屋北渓
ととやほっけい

[生]安永9(1780).江戸
[没]嘉永3(1850).4.9. 江戸
江戸時代後期の浮世絵師。本名は岩窪辰行,俗称は初五郎のち金右衛門。字は拱斎,号は葵岡 (きこう) 。魚屋だったので魚屋北渓と呼ばれた。初め狩野雅信に習い,のち葛飾北斎に師事。狂歌本の挿絵,狂歌摺物 (すりもの) にその特色を示した。主要作品『諸国名所』『古今狂歌撰』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

魚屋北渓 ととや-ほっけい

1780-1850 江戸時代後期の浮世絵師。
安永9年生まれ。江戸四谷の魚屋。狩野惟信(これのぶ),葛飾(かつしか)北斎にまなび,のち画業に専念。狂歌摺物(すりもの),狂歌本の挿絵がおおい。嘉永(かえい)3年4月9日死去。71歳。姓は岩窪。名は辰行。通称は初五郎,金右衛門。別号に拱斎,葵岡。作品に「諸国名所」など。
【格言など】あつくなく寒くなくまたうゑもせず憂き事きかぬ身こそ安けれ(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

魚屋北渓

没年:嘉永3.4.9(1850.5.20)
生年:安永9(1780)
江戸後期の浮世絵師。岩窪氏。名は辰行,俗称初五郎,金右衛門。別号に拱斎,葵岡などがある。住居は江戸四谷鮫河橋など。もと魚商を営んでいたことから俗に魚屋と呼ばれ,のち自らもそれを号としたと伝える。絵は最初狩野養川院惟信に師事したとされ,のち葛飾北斎に就いて浮世絵を学び,寛政初年ごろから浮世絵師として画壇に登場する。その後は没年近くまで作画活動を続けるが,この間錦絵の作はさほど多く手懸けず,むしろ洒落本,噺本や読本などの版本挿絵をはじめ,狂歌摺物,狂歌絵本などが多い。

(内藤正人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

魚屋北渓の関連キーワード菊川英山狩野惟信岡田湖月神田厚丸岳亭春信蹄斎北馬葛飾派北渓没年