コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指相撲 ユビズモウ

大辞林 第三版の解説

ゆびずもう【指相撲】

二人が互いに一方の手の四指を組み合わせ、相手の親指を自分の親指で押し伏せた方を勝ちとする遊戯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指相撲
ゆびずもう

指の技巧を競う遊び。二人が互いに同じ側の手を出し、親指(拇指(ぼし))を立てて他の4本の指を曲げて互いにひっかけ合い、親指だけで、合図とともに相手の親指を押さえ付ける遊び。競技するほうの肘(ひじ)は胴につけておくか、台の上にのせるかしなければならない。古くは拇戦(ぼせん)とよんだ。[高野 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

指相撲の関連キーワード今野美里(ミータス)クールポコ。小野まじめ岡田湖月橋本奈実腕相撲高野遊戯相撲

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android