コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田隆彦 おかだ たかひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田隆彦 おかだ-たかひこ

1939-1997 昭和後期-平成時代の詩人,美術評論家。
昭和14年9月4日生まれ。慶大在学中,詩誌「ドラムカン」の創刊に参加。昭和38年詩集われらのちから19」「史乃命(しのいのち)」など1960年代を代表する先鋭的な作品を発表,40年評論「はんらんするタマシイの邦」で芸術評論賞,61年詩集「時に岸なし」で高見順賞。平成2年慶大教授。平成9年2月26日死去。57歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おかだたかひこ【岡田隆彦】

1939~1997) 詩人・美術評論家。東京生まれ。慶大教授。詩集「われらのちからら 19 」、美術評論「危機の結晶」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

岡田隆彦の関連キーワードモリス(William Morris)キネティック・アートラファエル前派プロヴォーク多木浩二森山大道ベーコン中平卓馬デルボータンギー吉増剛造高梨豊結晶危機詩人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡田隆彦の関連情報